駐車場経営や不動産投資の新しいカタチ~知らなかった投資の方法~

不動産

プロの知識を借りる

賃貸経営をお考えの方の注意すること

代々地主で相続した土地を受け継いでおられる方は色々なノウハウをお持ちです。土地や不動産に対する価値観も独特のものがあるようです。ここでは初めて賃貸経営をお考えの方へお役に立てることを幾つかご紹介します。まず一つ目は物件の場所。その土地や街の様子をよく知っていること。居住経験があったり、勤務先などの近くでよく知っている場所を対象にします。どの様な人達が多いのか。学生が多い町とか深夜活気のある街、閑静な住宅街なのかなど解っていないとどの様な人に入居して欲しいのか絞れません。二つ目はマンションかアパートか一戸建てにするか。修繕や管理方法や収入のリスクがそれぞれ違ってきます。この二つの条件が決まったら物件探しを開始します。不動産会社で 賃貸経営の投資物件を紹介して貰い情報収集を開始します。

賃貸経営のお助け知識のあれこれ

新築と中古の物件の違いをあげてみます。新築は、入居を募集することから始めるため入居者が決まらないリスクが生じることです。また家賃設定や条件も全て一から決めなくてはなりません。地元のプロの知識に助けを借りて決めていきます。入居率80%で採算がとれる設定を目指します。もしくは賃貸経営の場合一括借り上げという方法も有ります。専門の業者がいてこれもテクニックの一つです。 中古の物件の場合はそのエリアのオンリーワンを探します。他に比べられない特徴や魅力があれば入居率が上がります。同じ間取りのマンションなどは競争も高くいつまでも入居者が決まらないケースが見られますが。中古の難点は修繕費が近い将来に生じることです。その余力を加味しておくことが大切です。賃貸経営のスタートを新築にするか中古か、じっくり時間をかけてご自分のオンリーワンをみつけてください。